キャッシングを内緒で借りている場合、本当にばれることはないのか

キャッシングを利用する理由は人によって違いますが、多くの人はキャッシングを利用していることを内緒にしていることでしょう。それはキャッシングのイメージが「借金をしている」だからです。

初めてキャッシングを利用する人はキャッシングを利用すると家族にばれてしまうのか、会社に知られてしまうのかなどという心配をすることが多いのですが、借入先が消費者金融であれば延滞をしなければ周りの人たちにばれることはありません。

銀行やクレジット会社と比べるとプライバシーの保護に関しては消費者金融が一番であると言われています。また貸金業法に「借り入れの事実を第三者に明らかにすることの禁止」というものがあります。配偶者や親、兄弟であっても契約に関係していないのであれば、第三者となりますから借り入れの事実をあきらかにしてはいけないのです。

ところがもしキャッシングを利用している人が死亡した場合には配偶者や親、兄弟が相続人となりますので契約の第三者ということではなくなります。つまりキャッシングの利用について知られる可能性が十分にあるということになります。

延滞をしたことで知られてしまう理由としては、延滞して連絡が取れなければ金融会社は自宅に督促の手紙を送ることになります。中身を見なければ知られることはありませんが、延滞をしているならば自宅にも連絡が入り、手紙の外側からも会社から発送されているものであるということが想像付くことになるでしょう。

手紙以外では電話で借り入れに関する内容が知られるという場合もあります。消費者金融が本人以外の人に社名を名乗ることはありませんが、それが家族にとっては怪しいと思う電話になってしまうかもしれないのです。この辺はクレジットカード審査通過の救世主というサイトでしっかり勉強しておきましょう。